スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ねぎま退院

皆さんの暖かい励ましのお言葉ありがとうございます。
明けて昨日になりますが、ねぎまが退院致しました。
まだ、膀胱炎は完治していませんが、元気いっぱいですw
気になる後ろ足ですが、まだ4本足では立てないものの、動くようになりましたし
自力で排尿、排便ができます。
negima
獣医さんも自力で排尿排便出来る事に驚いています。
後は、私達夫婦がいかにねぎまにリハビリをできるかにかかっています(;・∀・)
非常にプレッシャーではありますが、何とか4本足で歩けるようにしたいと思っています。

ねぎま・・・絶対に歩けるようにしたるでな!
大変かも知れないが、リハビリ頑張ってくれよ。

ねぎまが帰ってきてから・・・つくねは匂いの違うねぎまにシャーシャー言っています(;・∀・)

あんだけねぎまと愛し合っていたじゃないか(´・ω・`)

つくね
あくびしている場合じゃないよ(´・ω・`)



全く、これじゃつくねは性格の悪いぬこ、と勘違いされるぞw



ささみはまだおチビのせいか、つくね程、気になっていない様子。
で、ねぎまが入っているゲージを開けると入って行き
ねぎまに毛づくろいをしてもらっています(・∀・)


ささみ



ねぎまが帰ってきて、我が家も明るくなりました。
皆さん、ご心配掛けました!
これからもどうぞ、我が3ぬっこへ暖かい目で見守ってくださいね。
スポンサーサイト

テーマ : 猫のいる生活
ジャンル : ペット

ねぎまの手術後経過

暖かい励ましのコメントありがとうございます。
私も少しずつではありますが、何とかなりそうな感じがします。
それはなぜだか・・・今からお話しますね♪



【手術後2日目】
ねぎま
写真を見ると解かるかと思いますが、目に力強さが出てきました。

右目の瞳孔が落ち着き始めた。
後ろ足は動かない。
一所懸命に、私に近づこうと前へ前へ行こうとする。
危ないから止めてくれ(涙

食事は強制給餌で。
吐き出さずに飲み込んでくれる。

しかし・・・膀胱炎を発症。
血尿が出る出る・・・。


【手術後3日目】
ねぎま
うつ伏せのような体勢だったのを、横たわって寝ていた。
横たわりながら、のびーっとした時・・・
今まで動かなかった後ろ足2本が動いてくれた!!!!
あまりにも嬉しくて、すぐに先生を呼んで貰った。
そしたら、先生もその日の朝、のびをした時に足が動いたのを見ていた、と。
自分の錯覚もあったかもしれないので、私に言えずにいたそうだ。

ただし、足の痛みの感触は相も変わらず、少ししか感じないそうだ。

血尿は相も変わらず。

ご飯は強制給餌。


【手術後4日目】
この日は携帯を忘れてしまいました・・・。

昨日は、うつ伏せのかっこをしていた。
立ち上がろうとしたが、やはり後ろ足は身体を支えられない。
やたらと前へ前へ行きたがる。
そんなこんなで、足を動かした!と思ったら・・・しっぽも動かした。
よーく見ると、尿管から血尿がちょろちょろと出てきた。
先生を呼んでは、その光景を見た先生曰く

もしかしたら自力で尿を出しているかもしれないと。

この調子で自力で排尿をして欲しいです。
血尿は少し薄くなってきた。

ご飯は相も変わらず強制給餌。



【手術後5日目】
ねぎま
今日の朝から、リハビリを開始。
そして、2.3日前まではかなり血尿が酷かったので
脊髄を守る点滴→膀胱炎の点滴に変更。
そのせいか、今日はかなり大人しい。
だから、足も動かさないみたいだ。

そして、毛づくろいをするようになった。
ご飯は相も変わらず強制給餌だが、ご飯を食べさせてもらった後、ねぎまは、しっかりと毛づくろいをしている!!

なので、看護士さんたちに構ってもらいたいから、わざとご飯を食べさせてもらっているww
と疑惑が院内に広まっていた、と先生や看護士さんが言ってました。
私はそんな疑惑が出るほど、先生や看護士さん達がねぎまに対し
余裕が出てきた、と私は思います。

ひとかけらの便を自力で出していたらしい。
これも嬉しい報告でした。


以上、今日までの経過をお伝えしました。
まだ予断は許さないのですが、今現段階では順調に回復に向かっているとの事。

そんな感じなんで私も若干ではありますが心に余裕が出てきました。
皆さんのところにお邪魔できそうです。
私がお邪魔した際には、皆さんからパワーを少しでいいので貰いたいと思います。
そのパワーをねぎまに与え、何とか歩けるように
自力で排尿、排便ができるようになってもらいたいものです。

テーマ :
ジャンル : ペット

お知らせその2

ご心配お掛けしました。
命の危険性は少なくなりました。
怪我・入院した当日はまだ後ろ足を動かしていたのですが、翌日以降後ろ足がほとんど動かなくなってしまいました。
腰椎骨折で、神経まで圧迫している可能性があるからそうなる可能性がある。
このままでは、4本足で立つのは無理と言う可能性が90%以上になってしまう。

・後ろ足をピンセットで思い切り摘まむと、少しだけ反応する。
・入院当時より元気が出てきた。
・落下時の衝撃と骨折による低下していた肝臓機能が大分良くなった。
・手術をして少しでも歩ける可能性を増やした方がいい。

以上の点を踏まえながら獣医さんとの相談で、昨日夕方に手術を致しました。

手術前に神経に色を入れ、断裂していないか確認。
この確認にて神経が断裂したらもう歩けないとの事・・・。
神経は損傷しているものの、幸い断裂はしていなかったので
胸椎骨折した箇所にプレートをはめ込み、腰椎骨折部分の影響で神経が圧迫してしまうため
神経が通るの管に穴を開け、神経を圧迫しない様に圧力を逃がす。
以上の手術を慣行。

それでも、歩ける可能性は低いとの事。

手術が終わった今日、旦那と病院へ行きねぎまの様子を。
ねぎま
私の手に顔を埋めているねぎま

今は足が動く事もですが、早く元気になって欲しいです。

毎日毎日、自責の念に駆られています。
と同時に、今回は事故とは言え、事故が起こる様にしていった私達夫婦。
二度とこんな悲しい事が起こらぬよう、日頃の生活からしっかりしないといけませんね。

テーマ :
ジャンル : ペット

お知らせ

つくねの一歳の誕生日へのコメントありがとうございます。

今朝、ねぎまが3階にある我が家のベランダから落ち、
胸部頚椎骨折、落ちた際に頭も打ったみたいで鼻血を出し
右目の瞳孔が開き気味で、脳内出血の可能性もありで入院となりました。

ベランダにねぎまが居ない事に気付き
探していたら、ねぎまの鳴き声が聞こえました。
まさか…と思い、ベランダ下から覗いたら、ねぎまが下で横たわりながら
ベランダにいた私を呼んでました。
すぐさま下に降り、ねぎまの所に行き、抱き抱えたら両足がぶらん、としていたので
財布と車の鍵だけを家から持ち出して、病院へ行きました。

いつもなら、自分が出来ないことは絶対にやらないねぎまがなぜ、ベランダから落ちたのか…。

前回へのレスは遅れてしまうことと、少しの間、皆様のところへの訪問ができなくなる事をお許しください。
☆ランキング☆
参加しています。1日1ポチをお願いします。
にほんブログ村 猫ブログ MIX三毛猫へ
FC2カウンター
↓現在の閲覧者数
プロフィール

☆もに☆

つくね

【性別】オヌナノコ(避妊済)
【誕生日】推定2007.8.28生
ささみ
sasami
【性別】オヌナノコ(避妊済)
【誕生日】推定2008.5.8生
☆'・:*;'・:*'・:*'・:*;'・:*'☆'・:*;'・:*'・:*'・:*;'・:*'☆
上記の2ぬっこ、ブログ主もに
その旦那であり、世帯主ばぐの4人家族。
リンク
リンクについて
当ブログはリンクフリーです。
バナーを新しく作成しました。
リンクしてくださっている方は、お手数ですがこちらのバナーに張替をお願いします。
 ご自由にどぞー。

※リンク先を教えてくださると有難いです。
喜んでお邪魔します♪

☆'・:*;'・:*'・:*'・:*;'・:*'☆

【お友達ぬこブログです。】
是非!こちらも宜しくお願いします♪
NYAN・co・rorin
~にゃんころりん~


ein Katzenzimmer





~魔女のココロ~



やんやんろっくの毎日

☆'・:*;'・:*'・:*'・:*;'・:*'☆
私も参加してます♪


カテゴリー
最近の記事
コメントありがとうございます♪
ご覧いただきありがとうございます。
当ブログはぬこブログです。
当ブログにふさわしくない内容のコメントは
管理人の判断の元で、無断で削除しますので
予め、ご了承ください。
月別アーカイブ
最近のトラックバック
QRコード
QRコード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。